更新はされません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【懐古】上覧第4回くらいまでの話【第一回】

この前HDDを整理してましたら、昔の上覧動画がでてきて懐かしくなったのでもう恐らくだれもみていないような場所ですが、ここに記したいとおもいます。
妙院郷

続くかどうかはわかりませんが第一回と題しまして、今回はタイトルどおり第4回上覧くらいまでについて書いていきたいと思います。
実は上覧自体は第一回からチーム戦も個人戦にも参加していました。

そのころは本当に対人初心者で合戦には頻繁にでていましたが、対人は救援ではいるくらいで徒党を組んで武将武将、だった記憶があります。
最初は意識しておらず、テスト鯖で開催された上覧にも全く触れていませんでした。
上覧にでるきっかけは特になかったようにおもいますが、知人と話していて実装されるなら折角だからでようか、という具合で参加したことが始まりのように思います。
最初のチーム名もそうですが、このころは所謂ブロント時代のメンバーとは全く違うメンバーで構成されていました。
正確な名前は覚えてませんが、恐らくブロント名でやってた時の人はだれもいなかったんじゃないだろうか。
いやもしかしたら、べるで と うどんはいたかもしれない。

とまぁそんなこんなで参加していました。
記念すべき第一回はチーム名も構成も順位も全くおぼえてませんが、
知人で参加したい・できる人を探して、構成とかも全く考えずにとりあえず出場しようということで出たんだとおもいます。
結果第10回くらい?まで参加するんですから、まあ嵌ったものですね。
そういえばこの時はまだ不変が雅楽にしかなかったので雅楽をだした気がします。
神職も少なかったですしね、当然大江古はまだ誕生してません。
書いてて、アタッカーが今では違うかもしれませんが暗殺召喚のみという、かなり薄いもので苦労してた記憶がよみがえってきました。

大会全体としては音響戦法の大旋風が巻き起こっていました。

音響に関してはこの記事を読んでいる人にはご存知のとおり現在でも使われているアレです。
使われていたものの完成度としてはずば抜けていましたし、戦術としても凶悪なものなので流行っていなかった当時からすれば初見殺し以上のものがあったでしょう。
それは勝敗をみても明らかですね。

そしてなんと開催日程が2008/5/22 ~ 6/1だそうです。
約7年前ですか、なんというかまぁ時がたつのは早いというほどでもないのは、あまり記憶にのこってないからなんでしょうね。

さて、こんな話をしていると時間がいくらあっても足りないのでばばばーと飛ばしますと、第2回天照で14位になった以外は下位で楽しんでました。
転機はなんだったんだろ、本気でおぼえてない・・・。
ほんとになんでだろー、当時の人ともその後も遊んでた気もしますし、ただのいつものきまぐれなのかなー。

とにかく、第4回素戔嗚之演からは別の人たちで参加することになっています。
_上覧メンバー3
チーム名「確定的に明らか」 総合5位
私は右下に映ってる薬師で参加していました。
このころから記憶が徐々に鮮明になってきてます。
構成は(敬称略)
士(こなちゃ)
軍(竜我 らい)
典(御巫 ゆぅ)
芸(マタムネ)
仙(ポンタローor玲亞)
道(焼きうどん)
修(大越 門左衛門)

でメインが構成されていました。
補欠は抹茶さんの密教だったと思います。
密教の出番は0のはずなのですべて上記の構成で参加していました。
ちなみに玲亞もこのとき忙しいか何かであんまり出てなかった気もします。

このころからがブロントの始まりなので初期メンバーですね。
まさかこのままブロント語を使い続けるとは夢にもおもいませんでしたが、本当になにがあるかわかりませんね。
このころから徒党の運営の仕方も固まってきていました。

ぽんさんとゆぅさんは残念ながらこれ以降は都合があわず今回限りとなってしまいましたが、本当にお二人とも素晴らしい方でした。
とくに典のゆぅさんは雅楽が優勢な中、それに負けない動きで徒党を盛り上げてくれていたように思います。
らいさんと並んでこの徒党のMVPはまちがいなくゆぅさんでしょう。

とはいえ、この時は今でも何故上位に食い込めていたのか全く理由がわかっていません。
戦術を考えて徒党を作ったわけでもなく、知人の知人を頼って集めたとかそんな、正直らいさんを除く全員が対人初心者といってもいい集団です。
私の修験も含めて徒党対人は初の人も何人かいましたし、特に事前練習なんかもしていませんでした。
キャラクターの成長度的には玲亞も当時はそこまでそだってませんし、平均するとLV63.4くらいでした。
構成をみても、芸入り かつ 詠唱が神典のみ かつ 回復が修験のみという当時にしては珍しい形になっています。
特に詠唱枠は当時はすでに音響戦法が大流行していましたから、上位のほとんどは雅楽入りの徒党でしたしね。
逆にそれがよかったのかもしれませんが、実力ではなく運でいつのまにか上位にいた、という感じでした。

と、ふと順位表を見て思い出しましたが、このとき乱射徒党といういかにも対人不向きに思える徒党が上位に2徒党食い込んできています。
実際つよくて、私たちも何度かあたったとおもいますが負けも結構あったような記憶があります。
ああ、このあたりは色々と珍しい構成もおおかったなあと懐かしく思いましたが、
上覧も既にかなりの回数が開催されているので珍しい徒党というものをつくるのは難しいのかもしれませんね。

blog_import_4f539f9ae73e0.jpeg
映ってるところで今も続けてるとこってどれくらいあるのかなあ。

そんなこんなで色々かいてたらとてつもない長さになってしまった。
というわけでここで一度区切って、時既にからは次回に回そうと思います。

参考サイト様:
http://d.hatena.ne.jp/belled/
http://mattyauri.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
  1. 2015/03/04(水) 23:49:14|
  2. 上覧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「町会議ツアー@水都大阪2016」に参加してみた(?) | ホーム | 一門「適当」>>

コメント

ご無沙汰しています

アノ僧兵です、こんばんは。
お元気でしょうか、私はすっかり疎遠になりましたが、ふと思い出してブログを拝見しました。またいつか、お話する機会があることを願っています。それでは。
  1. 2015/04/29(水) 04:38:57 |
  2. URL |
  3. 立花雷切道雪 #-
  4. [ 編集 ]

Re: ご無沙汰しています

おおう、かなり放置してしまって申し訳ない。

お久しぶりです。
それなりに元気でやっていますが、私も信onから離れて大分たってしまいました。
私としても是非ともまたお話できればいいなとおもっています。
またあのころのようにみんなで集まることができればいいですね。
  1. 2015/06/04(木) 22:34:16 |
  2. URL |
  3. 白刃 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hakuzin01.blog.fc2.com/tb.php/89-98db29a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。